2017/10/24

ソラン、そして私へたくさんのメッセージありがとうございました。

DSC_5368.jpg 
スーパーでアボカドを選んでいるとウルッとしたり、(あぶない人ですね)
この時期街中に溢れるハロウィンの黒猫グッズを買い漁りたくなったり、(黒猫成分不足)
・・・・・
あの日からベッドの左側で眠るようになりました。
今までは右側でソランを右腕で抱いて眠るのが習慣で、今はそこにいないことが淋しくて。
・・・・・
時が埋めてくれるのでしょうか。


ウランは家の中を三角跳びしながら疾走し元気いっぱいで、
ソランが憑依したのかと思う程食欲旺盛、
大音量の超音波ボイスで甘え・欲し・叱咤してくれています。

ただ膝の上のウランがとても軽く感じます。
これは「時の重さ」の差なのでしょうか。

1024.jpg 
今日10月24日でウランも6歳になりました。
これから5年、10年、15年と時を重ねていこうね。

バースデープレゼントは100チュー💋&100ハグだよ〜



2017/10/12

15歳3日

10月10日6時42分、ソランが旅立ちました。
15歳と3日を迎えた朝でした。

5月の健康診断(レントゲン)で肺に軽い炎症が見られ軽い肺炎と診断され投薬治療開始。
時々咳&むせる以外は普段と何ら変わりなく過ごしていたのですが、
9月中旬状態が悪化、一週間日帰り入院。
一旦回復傾向にあったものの・・・

高齢であること、私が減薬を焦ったこと、
そして最後まで落ちなかった食欲で油断しサインを見逃したこと、諸々。
ただ最期の日まで寝たきりや激しく苦しんだりすることなく、すっと眠りに落ちるように。
ツヤツヤの黒い毛皮を纏ったきれいなきれいな姿でした。


ソランの情況については9月まで特に変わりなく過ごしていたため、特筆するほどの状態ではなく、
いずれ近況報告的に記事で触れようと思ってました。
状態が悪化/急変してからはきっと回復すると信じていたので、復活の報告でと。
この度突然のお知らせとなり申し訳ありません。

これまでソランを可愛がり、愛し、見守って、応援してくださりありがとうございました。
尚お花など供物は辞退させていただきます。
その代わりに月を見上げて少しだけソランのことを思い出していただければ。
また誰かに看取られること無く旅立って行く猫がたくさんいることも気にかけてくだされば幸いです。

もう少し落ち着いたらソランのことをもう少し聞いていただきたいと思います。
なかなかみなさんのブログを訪問したりコメントを残せずごめんなさい。

PS.ウランはいつも通りです。それも淋しいような気もしますが救われてもいます。

                                              

10月15日(日)13:00〜17:00/JR中央本線、西武多摩川線・武蔵境駅:境南ふれあい公園広場

image.jpg
手作り雑貨を販売。売上金は「むさしの地域猫の会」に全額寄付します。