2016/02/17

黒猫立腹

2月のある日、たぶんこうして過ごしていたと思われる2匹と1人。

0217-2.jpg

0217-1.jpg

ソ「オレ様抜きで美味しいもの食べて飲んで楽しんでたらしい・・・許さないのだ!」

うわばみ会の新年会・飲み初め「2016春節うわばみ会」とういことで、
居酒屋まり亭』のまりまおご夫妻宅に賑やかにお邪魔。
うわばみの面々、ほんなさんぱんとらさんGaviねえ・矢羽ちゃん、ゲストに下戸のnekobellさん
(それぞれ関連記事にリンク)

0217-3.jpg

0217-4.jpg

持ち寄りのおつまみ&まりまおさん特製鍋、そして第二部は夫ヨシヲさんによるカクテルパーティー。
シャンパンから始まってビール・ワイン・日本酒・カクテル…はい、がっつり飲みました!

まりまお亭のお嬢、ジュリ・シマ・はっちゃんにも逢えたけど、姦しさにほとんど姿が見られず。
ダイナマイトボディと噂のはっちゃんを抱っこするため筋トレまでしてたんだけどな・・・(嘘w)

思いっきり出遅れてのアップなので、もうすでにメンバーの面々がアップした記事でご馳走の数々や、
手土産にニャンズの写真、飲みっぷり盛り上がりっぷりはもう読まれたかと思うので割愛(他力本願ともw)

そしてこちらの話もすでに読まれているかと思うのですが・・・

0217-5.jpg

お邪魔した日の前夜、まりまおさんが生後約2ヶ月弱の仔猫を保護。
買い物に行ったスーパーに段ボール箱に入れられ捨てられていたのを見るに見かねて連れ帰ってくれました。
寒い寒い夜、もし誰にも保護されずに一晩過ごしていたらどうなっていたことか。

幸い健康状態も良さそうで翌日健康診断&検査の結果大きな問題はなく元気に過ごし、
そして既に里親さんも決まりました!(チビクロ兄弟2匹一緒にという嬉しいお話です)

この子達は強運・幸運の持ち主だったけど、小さな命が身勝手で無責任なヤツにより、
過酷な環境での猫生を送ることになったり、もっと不幸な目に遭ったり、処分されたりする現実。
捨て猫は犯罪です!そして誕生した命を守れないなら避妊去勢をするのが義務であり責任。
こういう現状に腹立たしいと同時に、空前の猫ブームとかいわれている今、心配です・・・

ソ「捨てたヤツに鉄拳!呪ってやる、祟ってやる、許さないのだーーーー!」


この日集まったメンバーの中には保護活動や健康管理などなど幅広い知識と行動力を持つ、
猫のエキスパートと呼んでも過言の無い頼もしい方々が。
この知識と責任感のほんの1%でも世に広まって、不幸になる猫やいきものがいなくなりますように。
2016/02/06

春近し

立春が過ぎ暦の上では春ですが、結局今年の冬は寒かったのか暖かかったのか?
夏もそうだったけど近年気候がよくわからなくなってきてますね。

暖かい日はこうして一緒に日光浴。
0206-1.jpg
始めのうちはちょっとイカ耳

0206-2.jpg
気持ちよくなると口が緩みますw

来週後半頃からグッと気温も上がって春めいてくるそうですが、同時に花粉もたくさん。
花粉症の『S』&『S』がクシャミをすると怒るウラン、こうして穏やかに過ごせるのもあと少しかな。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【前記事のアボカドについて追記】

実はアボカドも猫に危険な食べ物と言われています。
ペルシン(Persin)という殺菌作用のある毒素が含まれており、
人間にはよい(乳癌の治療薬としても提案されている)が、
動物、特に鳥類やウサギなどに危険な成分なのだそう。
でもペルシンの化学作用はまだ解明されておらず、その影響は動物の種類によっても異なるそう。

なおペルシンはグアテマラ産のアボカドに多く含まれ、
カリフォルニア産やオーストラリア産は毒性は特に葉にあり、
果肉とオイルには含まれていないという研究結果が。
さらに近年スーパーで売られているアボガドは品種改良が進み、
ペルシンの毒性が少なくなったものが主流です。
また、アボガドのペルシンが強いのは熟していない状態のもで、
熟れれば熟れるほどペルシンの量は減ります。

(アボカドが原材料に使われているペットフードもあり、
発売から30年以上経つがアボカド中毒の報告は一切ないそう。)

なので「アボカド/ペルシンに対するアレルギー体質でなければ問題ない、
ただし大量に食べればお腹をこわす事がある」
よって、過度に怖がる事は無いというのが私の認識/見解です。
ま、いくら好きだからといってもあげる量はカリカリ3~5粒程度ですしね。


他にも危険な食べ物の代表格とも言えるニンニクも少量なら免疫力を高めるなどの滋養強壮や、
ノミ避け効果が期待できるし、危険だと言われていたブドウに関しては誤解だったとも。
逆に身体に良いと言われるものでも体質や摂取量によっては毒になるケースも。
(ちなみに私は軽度の大豆アレルギー。でも大好きなので量を加減して食べてます)

「(アボカド/ペルシンアレルギーの)猫/犬が熟していない
グアテマラ産のアボカド/アボカドの葉を大量に食べて・・・」が、
伝わる・広まる過程でディテールが抜けて「アボカドを食べて・・・」となったのではないかと。


何でも食べたがる/食べるソランとウラン。
あれはダメこれもダメと言うよりも、明らかに危険な物以外は食べさせてみる。
結果お腹をこわしたら次からあげない。(初めて与える物は丸1~2日様子を観察しています)
人も猫も経験して学ぶというスタンスです。

ただし考え方は人それぞれ。また体質・固体差があるので推奨も否定もするつもりもなく、
まして責任も持てないので、あくまでも個人的な見解であり、うちの子のケースです。